印伝くんのひとりごと ~印伝ブログ~

(有)印傳の山本の宣伝マン「印伝くん」が甲州印傳の魅力や各地の情報などをお届けするブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sideМコラボの柄について

先日発表になったsideMコラボの柄について
大変珍しい柄が各種出来上がってますので今回当ブログで紹介しようと思います。
がま口の全体的な雰囲気は公式サイトでもご覧いただけますので
こちらのブログでは細かいところ。各がま口の拡大写真をご紹介します。
山梨には各種実物が展示してありますが、遠方でお越しになれない方へ雰囲気だけでも伝われば幸いです。

なお、初めて印伝を知る方も多いかと思いますので、製品について今一度説明いたします。
素材は「鹿革」で出来ています。
模様の部分は「漆」です。
柔らかい手触り。軽さ。ぷっくりとした模様が印伝の特徴です。
もちろんですが、一つ一つ手作りです。では模様の紹介をいたします。

まずはJupiter
Jupiter.jpg
全体的にキラキラした雰囲気です。

続いてHigh×Joker
High×Joker
トランプモチーフにクマが組み合わさったデザイン

次はDRAMATIC STARS
DRAMATIC STARS
ユニット名に星がつくだけあって塗りの★と白抜きの☆

最後はFRAME
FRAME.jpg
ちいさな四角の中にハートと!を加えた柄です。



また裏の生地も郡内の光織物様に特注でこの製品用に織ってもらった生地を使用しています。
光織物様はkichijitsuというブランドの製造元で有名です。→ kichijitsu

他にも信玄餅で有名な金精軒さん、ジュエリーのシンクさんと各社魅力的な商品が揃っています。
2月いっぱい山梨全体を巻き込んで行うイベント。この機会にぜひご覧くださいませ。

アイドルマスターsideMと印伝

先日22日に発表されました印伝の新しいコラボレーションの紹介です。

IMGP7525.jpg
(1/23 山梨日日新聞より)

当社ではグッズ三種のうち、「甲州印伝プチがまぐち」を作製いたします。

7年前に株式会社コロプラ様の提供しているゲームとのコラボ以来、ゲームとのコラボは二回目。
今年も積極的に印伝の普及に努めます。
また今回は写真の一種だけでなく、計4パターンの新規印伝柄をおこし、各ユニットのがまぐちを作製いたします。

1MANWX6QonIaAyi1453889791_1453889824.jpg

アイドルユニットJupiter、DRAMATIC STARS、FRAMEと、地元山梨出身の冬美旬さんのユニットHigh×Jokerも作ります。
あまり他ではみかけないような色合い、かつ伝統の技を凝縮した商品になっています。
受注生産ですので後日、公式サイトより発表があると思います。
(公式サイト http://dd.di-di.jp/imas_yamanashi/
また実物は2月5日より約一か月、山梨県庁舎防災新館「やまなしプラザ」にて展示予定です。
理由(ワケ)あってコラボレーションとなった今回の企画。
315プロのプロデューサーやアイドルの皆さんに恥じないよう一生懸命作ります。

印伝の山本
*CommentList

価格改定のお知らせ

お知らせするのが大変遅くなり申し訳ございません。
印伝製品全般の価格を改定いたします。

印伝製品を構成しているのは、鹿革、漆、ファスナーやホックといった金具類など様々ですが、
値上げをする最大の理由は鹿革の高騰です。
弊社では7年前に値上げをしましたが、それ以降も鹿革の価格は毎年上昇しており
鹿革は同じ大きさで7年前の価格の2倍になっています。

またそれ以外の素材。例えば漆も数年前より値上げ傾向にあり、金具類も価格が上昇しております。

7年の間に「○○は100円上がった。次からは200円あがる」といったことがあっても価格には反映せずきました。
当然それらに対し、パッケージの簡素化、在庫量の調整、催事などのイベントの縮小など、
年々上がり続ける素材価格に対し対策もとってきました。
しかし、上昇が続きますと、それらでは対応しきれなく、かなり辛くなってきたの事実です。
すでに販売価格と原材料費と合わないものが出てくるようになり、
販売価格の値上げという対応をせざるを得なくなった次第です

値上げのタイミングは販売店によって異なることになるかと思いますが
店舗としては4月より販売価格を改定後とさせていただきます。
どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

印伝の山本

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
本年も印伝の山本をよろしくお願いします。

本日5日より店舗の営業を再開しております。

2015年は印伝の山本の創業60年目です。山本商店として創業した弊社も、還暦を迎えることとなりました。
戦後、弊社の印伝の製造開始はゼロからのスタートでした。当初は資材も揃わず、袋物業の下請けとして徐々にノウハウと創業資金をため、印伝の製造に目処がたったと聞いております。

少しでも良いもの、他にはない特別な印伝をコンセプトに創意工夫を重ね、今は甲府市内に店舗を構えるまでになりました。

また三十年前より印伝の認知度向上のため、全国の百貨店を職人自身がまわりはじめ、今ではテレビで取り上げていただくなど全国的にも知られるようになってきたと自負しております。
しかし、それと共に、印伝の類似品なども増えてきたように思え、一抹の不安や、同じ名前を冠するものとは思えないような作りのものに憤りも感じております。
今後は改めて印伝という工芸品の良さを伝えていくとともに期待にお答え出来るようなものづくりを続けたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

特注例・山梨ことば

お客様より発注頂いた商品の中で特注の例を掲載したいと思います。

今回は「特注の柄」です。
tetete.jpeg
甲州弁で驚きや感心を表すある「てっ!」を規則性を持たせ配列させました。

kopitoo.jpg
こちらも甲州弁でしっかりしなさいという意味の「こぴっと」を散らし柄にしました。

いずれも鹿革に漆で文字をのせています。

こちらの柄で製作したものは奥山眞佐子さんのHPよりご購入可能です。
奥山眞佐子HP http://www.okuyama104.com/


オリジナル柄は文字も注文が可能です。詳しくはお問い合わせください


*CommentList

Menu

プロフィール

印傳の山本

Author:印傳の山本
はじめまして
ぼくは印伝の山本のマスコット
印伝くんです
山梨発・印傳の魅力やイベント情報など
みなさんにブログで紹介します
よろしくお願いします☆
=印傳くん=

※このページに掲載されるすべての文章・画像には
著作権が存在し、 無断転載を禁じます。

最新記事

inden_yamamoto

カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。